黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

タミフル インフルエンザ脳症

2014/12/06
ニュースサイト「Credo」の記事を読んでいて、
大変驚きました。

日本の抗インフルエンザ薬
「タミフル」の消費量は、
全世界の75%を占めている
と書いてあったからです!


なんと、
2位のアメリカでさえ20%の消費率だそうです。


他国では、必要かそうでないかの見極めを
しっかりするとのこと。
理由は、タミフルの使用を多くすることで、
インフルエンザウィルスが耐性を獲得し、
薬が効かなくなってしまうことを
恐れているからだそうです。

かつての日本でも、
抗生物質多用による薬剤耐性が増え、
結果として院内感染が社会問題になっていました。



米国アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が提唱する
抗インフルエンザ薬を使用すべき対象は、

・入院を必要とするような重症な人
・65歳以上の人や5歳未満、特に2歳未満の小児
・妊婦
・気管支喘息、糖尿病、慢性の心臓病など持病がある人
・HIVなどによって免疫力が落ちている人

となっているそうで、
普段健康体でいる青年や成人は
含まれていません。

しかし、他国では必要のない人にまで
日本では投与されていると記事にありました。

本来、自己免疫が備わっていることで、
健康体の人であれば自己治癒するはずのインフルエンザ。
放っておいても回復するような、
軽度の感染者にも使われているという
日本の現状をどう捉えるべきでしょうか。

厚労省のガイドラインでは、
インフルエンザ合併症で最も怖い
「インフルエンザ脳症の治療」として、
抗インフルエンザ薬を推奨しています。

NPO法人医薬ビジランスセンターの見解では、
「くすり」は「リスク」だと言われるように、
「タミフル」を使ってインフルエンザを治療したとしても、
「インフルエンザ脳症」を
治癒させることはできないとしています。



患者に親切な治療ととるか、
無駄な治療ととるかは意見の分かれるところですが、
薬害タミフル脳症被害者の会では、
その判断は医師でも難しい部分が多い
といっています。

病気になって医療機関を訪れ、
治療の内容を理解せずに
「全て先生にお任せします!」
と、患者が胸を張って潔さを見せていられた時代では
なくなったということのようですね。



ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[編集]

ガンの自然治癒が示す医療の方向

2014/11/20
アメリカ腫瘍内科の研究医として
博士号を持つケリー・ターナー博士の著書
『がんが自然に治る生き方』が
ベストセラーになっています。

この本は、アメリカで発売と同時に
Amazon「ガン書籍の部」で第一位、
ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーにもなった本として
世界的に有名です。



この本の中身は、
余命宣告を受けたのち、
自然治癒したガン患者の報告という、
現代医療においての特殊例の分析・・・
という内容になっています。

しかし、それはまた私達に向けての
強烈なメッセージとして伝わってきています。


余命宣告からの劇的な寛解・・・
何がそのような結果に導いてくれたのか。
博士は著書の中でこう分析しています。



 ・抜本的に食事を変える

 ・治療法は自分で決める

 ・直感に従う

 ・ハーブとサプリメントの力を借りる

 ・抑圧された感情を解き放つ

 ・より前向きに生きる

 ・周囲の人の支えを受け入れる

 ・自分の魂と深くつながる

 「どうしても生きたい理由」を持つ



この本の内容を見て、
何度も読み返した愛読書を思い出しました。

ホリスティック医学の父とも言われる
アンドリュー・ワイル博士の著書
『癒す心、治る力――自発的治癒とはなにか』です。



ここにも、医学的には治るはずのないガン患者が
見事に社会復帰する姿が書かれています。

医療費が20兆円を突破したのは、はるか以前の話です。
しかしながら、
難病や生活習慣病の蔓延は防ぐどころか、
ますます広がりを見せています。

現代医療の方向性を見直す時期、
私達の生活習慣を見直す時期に来ているのではないか・・・
そう私には思えてなりません。

皆さんは、どう感じられるでしょうか。





ここで告知があります。

皆さんの温かいご声援に支えられて、
この拙いblogを毎日更新して参りました。
しかしながら、年末モードの諸事情により、
不定期の更新にせざるを得なくなりました。
また、しっかりと更新できるよう頑張っていきますので、
次の更新のときにはご声援をよろしくお願いいたします。
ありがとうございます(*^-^*)



ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[編集]

iPadと体組成計

2014/11/19
iPadminiを購入しました(^_^)v
使っているiPhone5のキャリアが白い犬なので、
その代理店に出向き契約。




10月末にiPadmini3が出たのも知らず、
外でフルブラウザでネット画面を見るために買おうと思って出掛けました。
すると、お店に残ってた前モデルのiPadmini2が格安であり、
店員さんのススメもあって、それにしたんですが・・・

現品を持ってくる店員さん、
何やら大きな別の箱も抱えてきましたよ~

ナント、それは体組成計!



今日の土曜日と明日の日曜日の二日間、
ポケットWi-FiかiPad契約の先着3人にプレゼントだって~(*^-^*)
何だかよく理解しないうちに頂いてきました♪


計量とかしたデータをクラウドに保存するらしく、
そのための契約をしました。
契約といっても月額費用とかが掛かる訳ではなく、
単なる使用契約のようです。




二年経ったら解約してくださいね!
そうすれば二年経ったあとは、
月3円のユニバーサルサービス料だけで使って頂けますよ~って。
二年まではまったく無料で使えるそうです。
二年後からも月3円で体組成計が使えるんなら儲けモノですよね(^_^)/

ラッキー(*^。^*)

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[編集]

生マッコリ

2014/11/18
ある商事会社から、「マッコリ」のリーフレットが送られてきました。
実は私はここの顧客名簿に載っているんです。



以前、ラジオ番組のゲストとして、
その商事会社の代表者が出演されていて、


『韓国に旅行に行ったときに素晴らしいマッコリに出会った。
それを日本に輸入したいと説得するのに何度もあしげく通って、
ようやく口説き落として輸入できるようになった。
昔から伝統的な製法にこだわったからこその味わいがあり、
とても美味しいマッコリです。』



と言われていたので、思わず直ぐに電話で申し込んだんです。
届いたマッコリを見て愕然!(@_@;)
伝統とは程遠い添加物が入っているではありませんか!
それがコレ。




アスパルテームにLフェニルアラニン・・・
アスパルテームに関しては、6月26日の記事(←クリックすると飛びます)
に書いた通り、アレルギーの原因物質として指摘されており、
また頭痛や吐き気、睡眠または記憶障害、視力低下など、
アメリカ食品医薬品局(FDA)に報告が寄せられている人口甘味料
です。


また、L-フェルニアラニンとはアスパルテームの代謝物で、
非常に厳格な食事療法を要する代謝異常疾患
『フェニルケトン尿症』に関わる物質です。
難病悪化にもなりうるので
『L-フェルニアラニン』という表示が義務付けられています。


そんなトンデモな添加物が入ったマッコリが、
なぜ伝統的な作り方なんでしょうか?
残念ながら、日本で流通している殆どのマッコリはコレで甘さを出しています・・・


3月31日の記事(←クリックすると飛びます)に、
私が見つけたアスパルテームを使ってないマッコリを載せているので、
良かったら参考になさってください(*^-^*)

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



[編集]

体調不良の前の肌のかさつき~子育て

2014/11/17
大阪でも、朝晩が冷える季節になってきました。
こんなとき、小さな子供は体調を崩しがち。
その体調不良を、いち早く感じ取ってあげるのが親たちの頑張りどころです。


なぜそうなるのか?
そんなとき、どこをどうすれば見つけることができるのかを
分かり易く記事にされてたので下記に転載させて頂きます。

動画も貼り付けられていますが説明が英語です。
でも分かり易い動画なので、意図は伝わるのではないかと思います。
ぜひ、そのあたりも含めてご覧ください。

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

急に風邪をひいたり、急に熱を出したり、急にお腹を壊したりするのではありません。この時期の体調不良には予兆があります。それは、肌のかさつき。特に体側(リンパの流れる部分)中心に、いわゆるサメ肌状態が出てきたら要注意。いつ体調が崩れてもおかしくない状態。原因はお風呂のお湯の塩素、ボデーソープで皮脂を取り、皮膚の常在菌を流してしまう。そして一番の原因はやはり冷え。実は皮脂は私たちが栄養から分泌するよりも...
体調不良の前の肌のかさつき~子育て




[編集]

プロフィール

YASU
FC2ブログへようこそ!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。