黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

ネスレの英断

2015/03/02
世界最大の食品会社であるネスレが、
とても重要な決断をしたと話題になりました。



それは、自社販売250品目以上にわたるチョコレート菓子の
人口着色料と香料の撤退を決めたと発表したことです。
その発表によると、
ただ成分を調整するのではなく、
製造工程75項目以上に変更を加えなければならず、
しかも、顧客が慣れ親しんだ味や香りに
影響が出ないような工夫が必要だったとのこと。

ネスレでは、年内に全ての変更を済ませる予定だが、
消費者は変化に気付かないだろうと言っています。

その変更点の一部には、
例えばバターフィンガーの中身の着色には、
人工着色料の赤色40号や黄色5号に代わり、
ベニノキの果実の種を原料とする
アナトー色素を利用するとしています。



これはネスレが社会的貢献のための
変更をしようとしているのではなく、
世の中が、安全かそうでないかを
意識しながら食品を選ぶ時代に入り、
対応しなければ、たとえネスレとはいえ
生き残っていけないと判断したということでしょう。

理由はどうあれ、
このネスレの変更には拍手を送りたいと思います。
過去には、その販売手法における強引さに
『ネスレ・ボイコット』(←クリックすると記事に飛びます)
として不買運動も起こされているネスレですが、
結果的に製品が安全な方向に向かうのであれば
ぜひ歓迎したいと思います。
まずは、その第一歩ですね。



この元々の人工着色料は、
そのネーミングが示すとおり石油系のタール色素です。
赤色40号も黄色5号もアレルギー疾患の心配がありますが、
国によっては発ガン性を指摘されています。



天然色素=安全とはもちろん言えませんが、
より安全を意識した変更ということで、
天然のアナトー色素に換えることは評価するべきです。
ただ、世界最大手の食品メーカーが、
天然色素をどう安定的に調達し、
製品に使用するのかということには不安が残ります。

さらに通常、アナトー色素を抽出するときに使われる
ヘキサンやプロピレングリコールという
毒性の強い溶剤が決して残存しないよう
しっかりと対処して欲しいと願います。
もしこれが残存するようなことになれば、
何のために色素を石油系から天然色素に
変更したのかが分からなくなりますから。

他にも変更点がありますが、
より安全性を意識した形に
今後も進化していけばと思いますし、
今回のネスレの変更が
世界的なトレンドになってくれればと願います。


ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[編集]
関連記事

生マッコリ

2014/11/18
ある商事会社から、「マッコリ」のリーフレットが送られてきました。
実は私はここの顧客名簿に載っているんです。



以前、ラジオ番組のゲストとして、
その商事会社の代表者が出演されていて、


『韓国に旅行に行ったときに素晴らしいマッコリに出会った。
それを日本に輸入したいと説得するのに何度もあしげく通って、
ようやく口説き落として輸入できるようになった。
昔から伝統的な製法にこだわったからこその味わいがあり、
とても美味しいマッコリです。』



と言われていたので、思わず直ぐに電話で申し込んだんです。
届いたマッコリを見て愕然!(@_@;)
伝統とは程遠い添加物が入っているではありませんか!
それがコレ。




アスパルテームにLフェニルアラニン・・・
アスパルテームに関しては、6月26日の記事(←クリックすると飛びます)
に書いた通り、アレルギーの原因物質として指摘されており、
また頭痛や吐き気、睡眠または記憶障害、視力低下など、
アメリカ食品医薬品局(FDA)に報告が寄せられている人口甘味料
です。


また、L-フェルニアラニンとはアスパルテームの代謝物で、
非常に厳格な食事療法を要する代謝異常疾患
『フェニルケトン尿症』に関わる物質です。
難病悪化にもなりうるので
『L-フェルニアラニン』という表示が義務付けられています。


そんなトンデモな添加物が入ったマッコリが、
なぜ伝統的な作り方なんでしょうか?
残念ながら、日本で流通している殆どのマッコリはコレで甘さを出しています・・・


3月31日の記事(←クリックすると飛びます)に、
私が見つけたアスパルテームを使ってないマッコリを載せているので、
良かったら参考になさってください(*^-^*)

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



[編集]
関連記事

ラーメン出汁 Soup

2014/11/14
ラーメン店特集って、よくテレビでやりますよね^ ^
13日の朝の番組でも、地元大阪のラーメン店を二軒紹介していました。

その内の一軒ではトンコツからスープを作ってたんですが、、
一般のお店の2倍から3倍のトンコツから作っているので、
スープは濃厚だと笑顔で店主さんが話しておられました。



でもその笑顔を見て少し不安になったんですが・・・
そのブタって、安全に飼育されたブタだったんでしょうか?

ブタの飼育のイメージって、
狭くジメジメした場所に汚物まみれで飼われている、そんな不潔なイメージありませんか?

でも野生のブタはとても神経質で、
そんなイメージとはかけ離れた清潔な動物だそうです。

それが、生産効率を上げるため、
またはコストパフォーマンスを上げるため、
皆さんがイメージするような飼育をするんですね。




不潔で狭く、個体同士がひしめくような環境で飼われたブタ・・・
物凄いストレスに晒されます。

結果、病気の流行が後を絶ちません。
その対策として、エサに混ぜるというやり方で抗生物質などの薬品を大量投与をするわけです。

当然、出荷されたブタは薬まみれ(*_*;
そんなブタの骨だったとしたら、そこから出るスープは・・・
私だったら、絶対に口に入れたくはありません。


今やブランド豚が大流行(おおはやり)!
だって、みんな安全な豚を食べたいんですもんね(*^。^*)


ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村









[編集]
関連記事

カリンジャム続編 Chinese quince's Jam

2014/11/11
昨日で下ごしらえができました。
さぁ、いよいよ煮る作業です♪

エキスが出やすいように薄く切って鍋に入れ、
実が浸かる程度に水を張ったら煮ていきます。
種には一番栄養があり、皮と実の間の部分にもそれが豊富です。
捨てる部分はありません。
種ごと、そのまま煮ます。


菜箸を刺して、軽く突き抜けるくらいになったら火を止めて煮汁だけを取り置きします。
普通は実もほぐしてジャムに入れるのですが、
私は、煮汁だけの方が味がいいと感じるので実は使いません。


このあと砂糖を入れますが、ミネラルたっぷりの砂糖を使います。
カルシウムを多く含んだ砂糖を使うことで、
大雑把に言うと身体が酸性に傾くのを防ぎます(^_^)



カリンがたくさんあったので、
エキスを取り出すための煮る作業を3回しました。
それを全部合わせて、濃縮エキスだけを更に鍋で煮ます。
最初はこれだけの量から煮ます。
まだ色は殆どついていません。


YouTubeより

かなり煮詰まってきましたが、まだまだデス!

YouTubeより

赤ワインのような色になってきましたね。
とろみが出て、完成に近付いてきました。


YouTubeより

冷めたらカリンに含まれるペクチンの影響で固くなるので、
少し柔らかいくらいで火を止めて、熱いうちにビンに入れれば完成でーす!



う~ん・・・
めっちゃ贅沢なお味ですね♪


ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[編集]
関連記事

カリンジャム Chinese quince's Jam

2014/11/10
今年もカリンのジャムを作ります♪

自宅近くに自生しているカリンの実を採ってきました。
栽培ではないので当然無農薬なのが有難いです。
場所は公共の土地で栗の木もあり、誰でも自由に採ることができます。



他の人も採られるので、欲張らず、ジャムを作る量だけ頂いてきました。


カリンは表皮に油脂分が多いので埃を落とすために軽く擦りながら洗います。
軽く洗ったあとは、鍋で早く煮えるように薄く切っていきます。
大きなカリンなので切るのも一苦労(^-^;
包丁も出刃を使わないと切りにくいです。



薄く切ったカリンを鍋に入れ、それが浸るくらい水を張ったら、
いよいよ煮ていきます♪




続きは明日(*^-^*)

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村









[編集]
関連記事

プロフィール

YASU
FC2ブログへようこそ!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。