黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

神戸元町 有楽名店街

2014/08/16
昨日に続き、神戸元町の話題を・・・

関西では、JR三ノ宮から元町にかけての線路高架下商店街『ピアザKOBE』がとても有名ですよね♪
これは戦後のヤミ市から続く伝統ある庶民的な場所で、現在では最新アイテムから思わぬ掘り出し物まで揃っている、400mの間に160店舗が軒を連ねている商店街です。




元町にはここほどメジャーではないけれど、昭和レトロを感じる商店街があり、とても癒される雰囲気です。
場所は阪神電車元町駅の真上でJR元町駅の真下にあって、JR東口改札と西口改札の間に位置する駅直結の地下商店街です。
その名も元町『有楽名店街』!

殆どのお店が飲み屋さんなので、営業は夕方からとなっていますが、
一見(いちげん)さんお断り』や『会員制』の張り紙が貼られているお店が多く、保守的な雰囲気が漂っています。
昼間の閑散とした通りの写真がコレです。
でも、何となく夜の賑わいを想像できませんか?(*^▽^*)



散髪屋さんは昼間も営業されていますが、
ここにも張り紙があり、へりくだり過ぎず偉そうにするわけでもなく、キチンとした自己主張されていて気持ちいいです!



次は夜に訪ねて、一見でも入れるお店を探してみようかなぁ~♪

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村










スポンサーサイト
[編集]
関連記事

終戦の日に思うこと 戦没した船と海員の資料館

2014/08/15
兵庫県神戸市の元町にやってきました。
ここに『戦没した船と海員の資料館』という施設があります。
大東亜戦争(太平洋戦争、または第二次世界大戦)において、日本の民間船でありながら攻撃を受け、沈められた船の資料館となっています。
この資料館に軍船・軍艦は含みません。




この、先の戦争が開戦するまでは、日本は世界屈指の船舶保有国でした。
それが戦争が終わったころには壊滅状態になっていたそうです。
アメリカ海軍は、日本の船であれば軍艦・民間船を問わず攻撃して沈めるよう命令を受けていたため、軒並み攻撃を受けて沈められてしまったからです。



民間の船・・・
当然、兵器は積んでいません。
また、攻撃を受ける想定で造船されていないため、船体に隔壁もなく、魚雷などの爆撃を受けるとアッという間に沈んでしまったとのこと。
こうして3年9か月のあいだに、小型の漁船も含めて7240隻の日本の民間船が沈められてしまいました。
その乗組員の総勢は60.601人。うち14歳の若年乗組員は1.000人近くいたそうです。




戦争とまったく関係のない民間人が、一つの『市』と同じくらいの人数、攻撃を受けて船と一緒に沈められてしまう戦争。
展示物を説明してくださったボランティアの係員の方が、法律がどう変わろうと、こんな悲惨な戦争は二度と起こしてはならないと、鎮痛な面持ちで語ってくださったのが印象的でした。


小学生から高校生の遠足・・・テーマパークもいいですが、こういった場所に遠足、社会見学をして欲しいと思いました。
本日8月15日の『終戦の日』を迎え、平和について真摯に考える機会を与えて頂けて良かったなぁと思った訪問記でした。

ランキングに参加しています。
⇓ いつも応援クリック
⇓ ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



[編集]
関連記事

プロフィール

YASU
FC2ブログへようこそ!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。